« 脅威になりつつある韓国軍の増強に警戒が必要 | トップページ | 五輪開催ばかりの日本は経済関係のG7で国家の品位を落とした観が強く見られる »

2021.06.20

政策正常化への第一歩を踏み出す

 
 米国大手金融機関のJPモルガン・チェースのストラテジスト
   ミスラブ・マテイカ氏
らは14日のリポートで米連邦準備制度は来年の早い時期に
   債券購入の段階的縮小(テーパリング)
を開始し、政策正常化への第一歩を踏み出すだろうと予想した。

 金融当局がテーパリングの道筋についての議論を開始し、今後数回の会合のいずれかで実施のタイミングを示唆する可能性があるとの見方を示した。

 いまのところインフレ加速は「一時的」との当局の見方は正しいと分かる公算が大きいが、テーパリングは始まるだろうとストラテジストらはみていると予想した。

 なお、テーパリング議論の開始が下期の先進国株式に対する強気を妨げることはないだろうとも予想している。
 
 金融と消費関連株のロングと、資本財や半導体などの伝統的循環銘柄へのエクスポージャー構築を勧めた。

 なお、実質金利はここから上昇する可能性が高く、テクノロジー株には重しとなリ得るとも指摘した。

    
       

« 脅威になりつつある韓国軍の増強に警戒が必要 | トップページ | 五輪開催ばかりの日本は経済関係のG7で国家の品位を落とした観が強く見られる »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脅威になりつつある韓国軍の増強に警戒が必要 | トップページ | 五輪開催ばかりの日本は経済関係のG7で国家の品位を落とした観が強く見られる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ