« 実戦に支障がある最新式の英国戦車 | トップページ | 対応の誤りが修正できないまま五輪開催に突き進む政府の信頼性は地に落ちている »

2021.06.07

論理矛盾がある阿呆の発言

 
 平井卓也デジタル改革担当相は「日曜報道 THE PRIME」(フジテレビ系)に生出演し東京五輪開催について、「この話は国民の命と健康を守るっていうのが政府にとって一番大きい責務です。これは動かないことです」と前置きした上で、「その中でオリンピックを開催することは今、決まっているわけですから、どのような状況下であったとても国民の命と健康を守ることができるのであれば、そこを乗り越えて新しいパンデミック下でのオリンピックの開催というモデルを日本が初めて作ることができるのではないか、と私はそう思っています」

と述べ、口先だけで倫理的破綻がある思考を露呈し、政治家としての無能ぶりを露呈した。
 
 そもそも、デジタル改革担当相というが、ITテロのターゲットになるよう行政手続をすすめること自体、効率優先でリスクの排除ができないまま突き進む官庁の存在が問題だろう。
 
 
 セキュリティの確保が不完全な組織や仕組みでは効率的とは言えない。
   
 日本政府はコロナ感染が収束しなくても東京五輪を強行開催するつもりであり、コロナのワクチン接種率が低い日本で五輪を開催することに多くの欧米人が反対しており、インド型の変異株が感染爆発するリスクが高く、既存のワクチン接種でも再感染する事例も出てきており、世界各国からアスリート、スタッフが同じ場所に集まることで感染リスクを高め、再拡大の起源となる可能性がある。
  
 反対の声が高まる中、日本政府、国際オリンピック委員会、日本オリンピック委員会は五輪マフィアの意のままに動き開催を強行し、感染爆発の起源として世界から袋叩きになるリスクを飲み込むことになりそうだ。
 
 

« 実戦に支障がある最新式の英国戦車 | トップページ | 対応の誤りが修正できないまま五輪開催に突き進む政府の信頼性は地に落ちている »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実戦に支障がある最新式の英国戦車 | トップページ | 対応の誤りが修正できないまま五輪開催に突き進む政府の信頼性は地に落ちている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ