« 半導体を制する動き | トップページ | 成果の乏しい訪日を回避しただけ »

2021.07.24

新型コロナワクチンについて、感染予防効果が64%から39%に低下

 
 中東イスラエルの保健省は22日、ファイザー製の新型コロナワクチンについて、感染予防効果が64%から39%に低下したと発表した。
 

 一方、重症化の予防効果は93%から91%と僅かに減ったとし、依然として高い水準を保っているという。
 ただ、変異種については感染力は強まっているものの毒性そのものが低下しており、重症化しにくいと言った研究結果も出ており、ワクチン接種による重症化の予防効果があるかどうかは不明だ。

 イスラエルでは22日、新規感染者が1100人を記録しており、感染者数の増加と、予防効果の低下はデルタ株拡大によるものと見られる。

 今回の調査では、ワクチン接種済みグループと未接種グループを検査した際、異なる方法が使用されおり、そもそも調査の一貫性に疑問が生じる可能性もある。
 
 また、医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」に掲載された研究結果では、デルタ株に対するファイザー製ワクチンの発症予防効果は88%という。

 ただ、一連の報告をめぐっては、「感染予防効果」「重症化予防効果」「発症予防効果」が混在し、検査方法なども各国で統一された基準が策定されていないため数値ばかりが1人踊りしている状況だ。
 
  

  
ひとこと
 
 インフルエンザ等と同様に治療薬は今のところなく、単に感染した場合の重症化を防ぐためのワクチンでしかない。そのため、ワクチン接種しても感染しないなどという愚かな思考をもった者がまちなかを闊歩すれば感染の再爆発が起こるのは当然のことだ。
 
 ただ、インフルエンザの感染の広がりと比べれば感染力は弱いだろう。
 
 日本政府が五輪マフィアに忖度し利権を確保するために強硬開催した東京五輪だが、五輪開催後に東京が5000人突破する流れは止めれないだろう。
 
 新型コロナの毒性が低下する中、効き目の薄いユダヤ系企業が開発したワクチンの接種を加速させて、日本企業が開発したワクチンや治療薬の承認を年末まで遅らせる打算的で胡散臭い思考が一番問題だ。
 

    

« 半導体を制する動き | トップページ | 成果の乏しい訪日を回避しただけ »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半導体を制する動き | トップページ | 成果の乏しい訪日を回避しただけ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ