« 共産主義の本質 | トップページ | 情報収集のためには手段を選ばなくなっている »

2021.07.08

フランスではワクチンの効果の限界を露呈し始めた

 

 フランスではワクチン接種の勢いに陰りが見られ
   「第4波」の襲来
に懸念が広がっている。
 
 これまでに国民の半数が少なくとも1回のワクチン接種を終えているものの、副作用が多いワクチンへの不信感が根強く、接種率は伸び悩んでいる。
 
 新型コロナ感染症の変異種インド株(デルタ株)への効果も低いなか、パスツール研究所はワクチンの接種率によって今後の感染状況がどう変わるか、予測した。
 
 空気感染力が極めて高いデルタ株が拡大する中、感染防止対策を取らなかった場合、最悪のシナリオではこの秋に、入院患者数のピークが第2波のレベルに達する恐れがある。
 
 また、ワクチンを接種していない人が他人に感染させる確率は、接種した人に比べて12倍高いとして、改めてワクチン接種の必要性を指摘した。
 
 

« 共産主義の本質 | トップページ | 情報収集のためには手段を選ばなくなっている »

取引会社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共産主義の本質 | トップページ | 情報収集のためには手段を選ばなくなっている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ