« 新型コロナ感染症 世界の累計死者数が400万人 世界に「K防疫の優秀さ」を拡散する工作した韓国では新規感染が最多を更新 | トップページ | USMCA3カ国で部品を調達する比率を算出する方法が争点? »

2021.07.20

原油相場は安定化するのか?


   

 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」は18日、原油市場への供給を段階的に増やすことで合意した。  
 これまで合意を妨げていたサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の問題が解消された。
  
 OPECの声明によれば、OPECプラスは8月以降、これまで停止されていた生産分を全て回復するまで
   毎月日量40万バレル
ずつ生産を増やすことを明らかにした。
 
 また、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)、イラク、クウェート、ロシアについては、減産計画の基準となるベースラインを2022年5月から引き上げるとした。
 
 
 サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は、OPECプラスは今後も毎月会合を開き、市場の回復を注視していくと記者団に語った。
  
ひとこと
 
 対立を世間に知らしめたことで、原油相場が大きく上昇しており、莫大な利益を得るための増産をしても市場が吸収できるとの思惑で一致最多思い得る。
 
 円安や低金利政策では景気回復機の資源価格や原材料価格が高くなるため、日本が内需拡大による経済回復を目論むのであれば現状は最悪だろう。
 長期の経済低迷により原料を持たない経営が続いており、物価上昇は国内企業の懐を直撃しか寝ず、スタグフレーションが起きることになる。
 
 無能な政権で経済再生相なと言う阿呆はコロナ感染などの対策で金融機関への圧力で酒類を販売しないなどという場末的な手法でお茶を濁すが、このまま害ばかりが目立つ政策は幼稚であり、大本営的な嘘の成果を繰り返し信じ込ませようと画策する姿は愚かそのものだ。
 
 また、経済再生どころか阿呆の所業として過去を振り返って見れば将来笑いものとなりかねず、何も出来ずに国力を低下させる状況は早急に改善すべきだろう。
 
 

« 新型コロナ感染症 世界の累計死者数が400万人 世界に「K防疫の優秀さ」を拡散する工作した韓国では新規感染が最多を更新 | トップページ | USMCA3カ国で部品を調達する比率を算出する方法が争点? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナ感染症 世界の累計死者数が400万人 世界に「K防疫の優秀さ」を拡散する工作した韓国では新規感染が最多を更新 | トップページ | USMCA3カ国で部品を調達する比率を算出する方法が争点? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ