« MLBのロサン ゼルス・ドジャースが倒産 | トップページ | 嘘で固めた情報 »

2021.07.23

ワクチン接種者がコロナ感染した場合、移動で他人に移しまわるリスクに注目すべき

 

米国防疫最高責任者である疾病予防管理センター(CDC)の
   ロシェル・ワレンスキー局長
は22日(現地時間)、ホワイトハウスで
   新型コロナのデルタ変異株
による感染者再増加事態に関連した会議後の記者会見で
   米国が新型コロナ拡散で新たな重要局面に処している
と警告した。

 

 米国では最近デルタ変異株による新型コロナ感染者が急増し、ワクチン接種率が低い地域では病床不足事態に陥っている。
 ワレンスキー局長は新型コロナのデルタ変異株が
   「現在信じがたいほど効果的に広がっている」
と警告したうえ、変異株は「一層攻撃的」と評価した。

 

 米国で新型コロナ感染者のうちデルタ変異株による感染は83%以上となっている。

 

 アンソニー・ファウチ米国立アレルギー感染症研究所長は、公営のNPRラジオとのインタビューで「新型コロナ新規感染者の最近7日間の発生移動平均線や14日平均線を見れば、195%増えた」と指摘して「入院患者は46%で、死亡者は14日平均線では42%増えた」と指摘した。彼は「デルタ変異株による感染者が90%以上の地域もある」として「これは予想を超えている」と話した。

 

 ホワイトハウスと疾病予防管理センターは、ワクチン接種を受けた人々も室内でマスクを着けるよう公式に勧告するかについて論議中だ。米国は5月13日、ワクチン接種を完了した人々は室内外でマスクを着けなくともかまわないという指針を下した。

 

 なお、ワレンスキー局長は、公式的なマスク指針が変更されたのかという質問に「指針はまだ変わっていない」と答えた。
 しかし「完全に接種を受けた人々は重症から保護される」と説明したものの、デルタ変異株が増え、接種率が低く、感染者が増える地域の場合には「接種していない人々はマスクを着けなければならない」と促した。
 また、「接種をした人ならワクチンによる保護効果を享受できるが、二重的な保護を望んでマスクを着けるのは選択事項」と話した。接種を受けたとしても、さらに高い安全のためにはマスクを着用しなければならないという勧告。
  
 
ひとこと
 
 視点を変えてワクチン接種を見れば、ワクチン接種し抗体が体にできれば重症化するのを防ぐ抗体の量的影響があるということなのだろう。
 ただ、接種者が新型コロナワクチンの移動する感染源になっており、単純に接種すれば何処に言っても問題とならないということではない。

 

    

« MLBのロサン ゼルス・ドジャースが倒産 | トップページ | 嘘で固めた情報 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MLBのロサン ゼルス・ドジャースが倒産 | トップページ | 嘘で固めた情報 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ