« ワクチン接種は利権そのもの | トップページ | 情報へのアクセスを強め諜報網の構築に暗躍する中国企業に警戒が必要 »

2021.07.13

米国では家賃相場が上昇

 

 米国の各都市では新型コロナウイルス禍後のインフレ加速は一過性との見方があるなか、相反する動きが加速し家賃が急上昇しており低所得者層の家計を圧迫しつつあるという。

 不動産サイトのアパートメントリストによると、2021年上期に全米の家賃は9.2%上昇した。
 コロナ禍で下げた反動で上昇した側面もある。
 
 ただ、現在の家賃はコロナ禍前の傾向が続いたと想定した際の水準より高くなっていると同社は指摘している。

 この時期は賃貸契約の更新が1年で最も多い時期であり、今後多くの借り手が毎月の負担増に縛られることになると続けた。
 
 家賃の上昇傾向はなお継続しており、ニューヨーク地区連銀とファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)の調査によると、借り手は今後1年間でさらに7-10%の家賃上昇を見込んでいると分析している。

 木材や中古車など経済再開に伴う価格上昇の多くとは違い、家賃はいったん上がると元に戻すのが難しい種類の価格上昇にあたり、家賃の持続的上昇は、現在の物価上昇は一時的なものだと判断している米金融当局と多くの投資家にとって、より大きな課題となり得る問題として顕在化することが懸念される。
  
 
    

« ワクチン接種は利権そのもの | トップページ | 情報へのアクセスを強め諜報網の構築に暗躍する中国企業に警戒が必要 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン接種は利権そのもの | トップページ | 情報へのアクセスを強め諜報網の構築に暗躍する中国企業に警戒が必要 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ