« 中国の不況が市場を席巻する可能性 | トップページ | 中国企業の米預託証券(ADR)が大きく下落 »

2021.08.20

半導体不足が深刻化

 
 トヨタ自動車は19日、東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足が続いており、国内完成車工場の生産調整を行うため9月の世界生産が
   当初計画から4割程度減少
する見通しを明らかにした。
 
 発表資料によると、8月24日から9月末までの間に主力拠点の高岡工場(愛知県豊田市)や堤工場(同)など14工場、27の生産ラインで最大22日間稼働を停止する。

 トヨタ調達本部の熊倉和生本部長はオンライン発表で、「足元の東南アジアの感染拡大やロックダウンが大きく影響して複数の仕入先の稼働に大きな影響」が出ていると説明。減産の原因は「一言で言えば、コロナ」だと述べた。

 熊倉氏によると、9月の減産規模はグローバルで36万台、うち国内が14万台で、「当初計画の4割減ぐらい」という。

 一方で、930万台としている今期(2022年3月期)の生産見通しに関しては変更しないと話した。

 日本経済新聞電子版では、世界的な半導体不足や部品調達の停滞などを理由としたトヨタの減産について報道している。
 これを受けてトヨタの株価は下落幅を大幅に拡大、一時前日比4.7%安の9271円まで売られた。
 なお、終値は9295円だった。

   
    

« 中国の不況が市場を席巻する可能性 | トップページ | 中国企業の米預託証券(ADR)が大きく下落 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の不況が市場を席巻する可能性 | トップページ | 中国企業の米預託証券(ADR)が大きく下落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ