« ワクチン接種 長期的な防御効果は「まだ不明」 | トップページ | 北朝鮮が各施設を再稼働し核兵器原料のプルトニウムを抽出した可能性 »

2021.09.01

無能な政権が日本経済を破壊する状況が続いている

 
 厚生労働省は新型コロナウイルスのワクチン接種後に
   副反応の疑い
があると最新の分析結果で報告された事例について公表した。
 8月8日までに死亡した人で「接種と因果関係がある」と結論づけた人はいなかったということです。(司法解剖でないため、解剖などで費用を患者側が負担することになるため、関係を裏付ける解剖を行うことそもそも少ないためだろう)
 厚生労働省の発表では、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたあとに死亡が確認された人は、8月8日の時点で1002人という。
 
 ファイザーが100万人あたり19.6人、モデルナが100万人あたり1.2人で「接種と因果関係がある」と結論づけられた人はいなかったという。
 また、心臓の筋肉や膜に炎症が起きる「心筋炎」や「心膜炎」の疑いがあると報告された人は、ファイザーのワクチンが55人で、100万人あたり1.1人、モデルナが13人で、100万人あたり1.4人であった。
 このほか、ファイザーのワクチンの接種を受けた80代の女性は、血小板の減少を伴う血栓症を発症した。これは従来から警戒されている国際的な指標に該当するものであった。
 ただ、日本では情報不足などを理由として因果関係を評価さえしていない。
 厚生労働省は、現時点で
   接種体制に影響
を与える重大な懸念は認められないとして引き続き接種を進めることにしています。
   
ひとこと
 
 ワクチンの供給を国際資本の影響下にある医薬品メーカーに依存しすぎだ。
 日本企業が開発したワクチンや治療薬を優先して使うことができるよう支援することが先だろう。
 血栓などで心筋梗塞や脳梗塞などの事例も起きているようだ。
 いつまで、タミフルの使用時と同様の歪んだ政治判断を取り続け、国民の生命や健康、財産に害を与え続けるつもりか。
 
 

« ワクチン接種 長期的な防御効果は「まだ不明」 | トップページ | 北朝鮮が各施設を再稼働し核兵器原料のプルトニウムを抽出した可能性 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン接種 長期的な防御効果は「まだ不明」 | トップページ | 北朝鮮が各施設を再稼働し核兵器原料のプルトニウムを抽出した可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ