« 通貨の価値が低くなれば殆ど消えて無くなる韓国の外貨準備 | トップページ | ビットコイン 3カ月ぶりの高値に上昇 »

2021.08.10

米国雇用統計の状況如何

   
 米国アトランタ地区連銀の
   ボスティック総裁
は9日のウェビナーで講演した後、米国は
   「目標に向けて顕著な進展」
を遂げるところへ、しっかりと歩を進めていると記者団に語った。
 
 そういう点において7月に非農業部門雇用者数が前月比94万3000人増となったことが、「かなり心強いのは確かだ」と指摘し、次の1-2カ月続けば目標に向けて「顕著な進展」があったことになり、新たな政策姿勢をどうするか考えるべきだろうというのが「私の感触だ」と続けた。
 
 力強い雇用増があと1、2カ月続いた場合、米金融当局は資産購入のテーパリング(段階的縮小)に着手し、過去の例よりも速いペースで縮小を進めるべきだとの見方を示した。
 ボスティック総裁は「10月から12月というレンジを私は現在考えている」と話し、7月の統計と同じような「高い数値」か「それ以上に強い数字だった場合、タイミングの前倒しに違和感はない」と話し、雇用が「爆発的に増えた場合はそれを検討しなければならないと思う」と続けた。
 また、資産購入の縮小は不動産担保証券(MBS)と米国債を同じ比率で進める「バランスの取れたアプローチ」を選考して「比較的速く行うことを支持する」と続けた。
 
  
ひとこと
 
 経済における人の心理の変化には機微に対応することが必要であり、早くても遅くても効果は低下する。
 
  

« 通貨の価値が低くなれば殆ど消えて無くなる韓国の外貨準備 | トップページ | ビットコイン 3カ月ぶりの高値に上昇 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通貨の価値が低くなれば殆ど消えて無くなる韓国の外貨準備 | トップページ | ビットコイン 3カ月ぶりの高値に上昇 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ