« 判断の分かれ目 | トップページ | 議会穏健派の動きに注目 »

2021.08.16

ワクチンを接種しても感染が再爆発しているイスラエルの現状を注目すべき

 

 東京都は15日、4295人(前日5094人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

 

 重症者数は6日連続で過去最多を更新しており、マスコミ出身で口先ばかりで具体的な対策ができていないお粗末な東京都知事では環境相のときに庁舎の暖房使用を制限し自らが肺炎になった如く、自己管理すら出来ない政治家でもあり、今後は加速度的に増加する可能性高く1万人を月末までに越えそうだ。
 都の発表によると、感染者の直近7日間移動平均は4263.9人(同4231.1人)で、前週比105.6%(同108.7%)となった。
 また、重症者用の確保病床392床に対し、重症者数は251人(前日245人)だった。
   
 
ひとこと
 
 五輪マフィアの言いなりで五輪を開催したうえ、海外マスコミの取材をほとんど制限せず、穴だらけのバブル方式と揶揄されるなか関係者を観戦させるなどに対する国民の怒りを理解できておらず、信頼すら出来ない政治からのアナウンス効果では人流などを抑制できない。
 五輪マフィアのマスコミを使って責任転嫁を繰り返す姿勢は嫌悪感が広がるだけだろう。
      
 そもそも、ワクチン接種しても感染しないわけではなく、感染した場合に軽度で済むため、接種後感染した者の移動が活発化し感染拡大を誘発させている現状を認識すべきだろう。
 そうしたワクチン接種も体内で作られる抗体が六ヶ月程度で重症化する状態まで低下し、変異種に感染する事例が増えている。
 
 イスラエルの感染再爆発の状況を見れば、繰り返しワクチン接種することで逆に感染しやすい体質になったり、他の疾病への抵抗力が低下するリスクが未だ不明だ。
 また、日本企業が開発したワクチンの接種承認すらなく、飲み薬方式の治療薬も同様だ。
 この飲み薬としての治療薬が承認されれば、ユダヤ系ワクチン生産企業にとっては経営上の大問題となる。
 そのため、金のない途上国へのワクチン提供を先進国の金を使って行わせようとしている現状に違和感を覚える。
   
    
  

« 判断の分かれ目 | トップページ | 議会穏健派の動きに注目 »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 判断の分かれ目 | トップページ | 議会穏健派の動きに注目 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ