« 赤い水曜日 | トップページ | 不動産バブルが破裂してきており、中国経済の崩壊が起これば内乱で大混乱になる可能性もある »

2021.09.24

中国各地でコロナ感染の広がりは非常に深刻、さらに変異種の広がりは地域経済を破壊しかねない

 
 中国福建省でこのほど、新型コロナウイルの感染者が確認されて以来、各地で感染はさらに確認されている。
 黒竜江省に加え、ネットで南京でも陽性反応者がいるという。

 中国国家衛生健康委員会は22日、新たに21日に確認された症例は41例であると発表した。
 そのうち、福建省アモイ市で11例、莆田市(ほでんし)2例、黒竜江省ハルビン市3例となっている。
 
 中国共産党政権の
   隠蔽体質
から考えると、中国国内におけるコロナ感染における流行の実態が外部に知られていない可能性がある。

 公式メディア「アモイ・デイリー」によると、国家疾病予防管理局の
   孫陽副局長
は、「非常に深刻な現状から見ると、今回直面したウイルスは非常に危険で、感染力が強く、潜伏期間も短い」と明かした。
 
 また、福建省の王寧省長は、同省の現状について「依然として深刻で複雑である」と述べた。

 黒竜江省の衛生健康委員会は、21日に同省ハルビン市巴彦県(はげんけん)で3人の感染者が新たに確認されたと発表した。
 同県防疫事務局は、人々の生活に必要な物資を提供するスーパーマーケットや薬局などを除き、比較的密集した場所をすべて封鎖した。
 また、バスやタクシー、長距離旅客輸送などの公共交通機関を一時停止するという通達を出した。

 ネットに投稿された動画によると、ハルビン市では21日から徹夜で、PCR検査を実施しているという。

 また、南京でも感染が発生したという情報が流れている。

 投稿された動画によると、江蘇省南京市江寧区禄口街道は22日、空港職員に陽性反応を示した人がいたため、封鎖された。

 いつもながらのことであるが、中国公安部門の顔色をうかがう必要のある、公式メディアはまだ関連情報を発表していない。
 
   
 
ひとこと 
 
 政治体制から強権的な都市封鎖が行える中国でも感染を抑え込めていない。
 
 
   

« 赤い水曜日 | トップページ | 不動産バブルが破裂してきており、中国経済の崩壊が起これば内乱で大混乱になる可能性もある »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い水曜日 | トップページ | 不動産バブルが破裂してきており、中国経済の崩壊が起これば内乱で大混乱になる可能性もある »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ