« 金融組織の利益とカーボンリスクに注目? | トップページ | カクテル療法で効果があれば一般病院で治療ができるようコロナの感染症指定を外すべき »

2021.09.04

有事に適切な対応ができない代議士などいらない

 
 アフガニスタンでは1978年にソ連が支援した
   アフガニスタン人民民主党
による共産政権が成立し、各地で組織された反政府ゲリラがアフガニスタンのイスラームを防衛するジハードと位置つけ蜂起した。
 
 ソ連軍は1979年12月に軍事介入(嵐333号作戦)しカルマル傀儡政権を作ったが、抵抗が激化したため失脚させ、数万人に及ぶアフガン国民を逮捕、拷問、処刑を繰り返した秘密警察(KHAD)の長官ナジブラが大統領に据えかえたため更に抵抗が激化、ソ連軍の存在でアフガニスタン紛争は収拾不能に陥り、ソ連軍は1万4000人以上が戦死し厭戦気分が広がり1989年にソ連軍が撤退したため、各地の軍閥が勢力を拡大させる内戦が激化した。
 アフガニスタンの治安が激化する中、1994年にアフガン内戦の有力な派閥の一つとして伝統的なイスラム教の学校で教育を受け、ソ連・アフガン戦争で戦ったアフガニスタン東部・南部のパシュトゥーン地域の学生(タリブ)を中心に構成されていたタリバンが登場した。
 
 ムハンマド・オマルの指導下、この運動はアフガニスタンの大部分に広がり、暴虐行為が多く見られたムジャーヒディーンの軍閥から権力を奪い1996年にはタリバンにより全体主義の
   アフガニスタン・イスラム首長国
が設立され、イスラム法の法解釈を厳格に実施したため、統治に反発する多くのアフガニスタン人を残酷に扱った。
 
 1996年から2001年までの統治期間中、タリバンと協力者はアフガニスタンの民間人に対して虐殺を行い、16万人の飢えた民間人に対する国際連合の食糧供給を拒否したうえ、広範囲の肥沃な土地を焼き払い、何万もの家屋を破壊する焦土作戦を行ったうえ、凧揚げや鳥の飼育などの趣味や活動を禁止し、宗教的・民族的少数派を差別していった。
 
 パキスタンの統合情報局と軍部は、国際社会とアフガニスタン政府から、タリバンの創設時と政権を握っていた時期に支援を行っていた。
 2001年には、アルカイダのリーダーであるウサーマ・ビン・ラーディンの指揮下にある2,500人のアラブ人がタリバンのために戦った。
 ロイター通信では3日、アフガニスタンで国家運営の全権を掌握したイスラム主義組織タリバンの新政権について、副官の一人で政治部門の責任者バラダル師が主導することになるだろうと報じた。
 閣僚人事は近く発表される見通しだが、AFP通信では「早くても4日までは発表はない」というタリバン報道担当者の話を伝えている。
 
 ロイターによれば、新政権ではほかに、初代最高指導者オマル師の息子で軍事部門責任者
   ヤクーブ師
や、タリバン内の最強硬派「ハッカニ・ネットワーク」を率いる
   ハッカニ氏
ら、タリバン幹部が要職を占めるとみられる。
 
 最高指導者アクンザダ師は政府の上に立つ最高権力者になるもようだが権力統治の力学が働き統制が取れなければ、権力を模索し暗殺が繰り返され激しい内乱が起きることになる。
 
 タリバン幹部は1日、英BBC放送のインタビューで「女性政府職員は復帰できるが、閣僚に女性はいないかもしれない」と語った。
 また、西部ヘラートでは2日、女性の政権参加を求める人権活動家らのデモがあった。
 タリバンのムジャヒド報道担当者は、米メディアの取材に「他勢力との政権共有はわれわれの焦点ではない」とタリバンによる政権の独占を宣言しており、崩壊した民主政権の有力者の閣僚入りは否定的な見解を示している。
 タリバン新政権は、少数派や女性、民主政権有力者らを含む包括的政治体制などは拒否した陣容となる見通しで反発や抵抗が起こり、力で抑え込む残虐性が出てくるだろう。
 
 ロイターによると、アフガンの隣国パキスタンを訪問したラーブ英国外相は3日、タリバン新政権を承認しないと強調した上で、タリバン側に関与すること、直接交渉の手段を有することの重要性を認識していると述べ、背後にいるパキスタン諜報機関党の支援を牽制した。
 
    
ひとこと
 
 アフガニスタンから日本の強力者500人以上が避難させれなかった背景は新型コロナ感染対応の後手と同じ無能な菅政権の決断力や政治力の乏しさがである。
 
 今田首相の座に居座る姿勢は日本国民の健康に害を与えるものでしかなく無用の長物そのものだろう。
 こうした政治家としての資質が欠落したものを切り捨てできない保守政党の信頼感を損なわせる行為は次期衆議院選挙では大きな逆風を生むことすら認識できていないのでは有事における対応が出来ない政治家ばかりということになる。
 であれば、与野党国会議員の半分以上を地方県会議員などからの転出で立候補させ、菅政権や安倍政権を支持した国会議員の大部分を入れ替える必要があるのは明らかだ。
 
 
  

« 金融組織の利益とカーボンリスクに注目? | トップページ | カクテル療法で効果があれば一般病院で治療ができるようコロナの感染症指定を外すべき »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金融組織の利益とカーボンリスクに注目? | トップページ | カクテル療法で効果があれば一般病院で治療ができるようコロナの感染症指定を外すべき »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ