« 中国の消耗戦に引きずり込まれかねない | トップページ | アフガニスタン暫定「内閣」の閣僚メンバーの一部を発表、米国がテロ組織に指定する組織の幹部も閣僚入り »

2021.09.08

平和条約がないのはナンセンス?「樺太・千島交換条約」まで戻って考えれば解決するだろう。

 
 ロシアのプーチン大統領は
   日本との平和条約
について「条約がないのはナンセンスだ」と述べ、去年行った憲法改正で領土の割譲が禁止されたものの日本との平和条約交渉は引き続き進めたい意向を強調した。
 
 ただ、明治8年(1875年)5月7日に大日本帝国とロシア帝国との間で国境を確定するためにサンクトペテルブルクで署名され、同年8月22日に東京にて批准され締約された
   樺太・千島交換条約
まで戻れば日本がロシアとの間で平和条約交渉を行う価値がある。
 ロシア極東のウラジオストクで開催されている「東方経済フォーラム」では3日午後、全体会合が開かれ、プーチン大統領が出席、この中で日本との平和条約交渉について言及し「平和条約がないのはナンセンスだ。われわれは条約についての対話を拒否したことはこれまで一度もない」と述べた。
 ロシアで去年行われた憲法改正で領土の割譲が禁止されたことの影響について司会者から問われたのに対して「日本との平和条約締結という点においてはわれわれのアプローチを変えるものではない」と明言し日本との平和条約交渉は引き続き進めたい意向を強調した。
 また、「平和条約交渉の作業ではロシアの安全保障を伴わなければならない」とも述べ、アメリカと同盟関係にある日本がロシアの抱く安全保障上の懸念に配慮することが重要だという考えを改めて示した。
 極東の経済開発に関連して北方領土についても触れ「活動する企業に対して10年間、主だった税金を免除する。さらに全域で、関税を免除する区域を導入する」と述べ、日本をはじめ外国の企業からの投資を積極的に誘致したい考えを示した。
 
 
ひとこと
 
  金を引き出し、技術や設備、管理手法を導入したいだけだ。
 そもそも、北方領土の返還ではなく話し合いで解決した「樺太・千島交換条約」まで戻るべきだろう。 


   

« 中国の消耗戦に引きずり込まれかねない | トップページ | アフガニスタン暫定「内閣」の閣僚メンバーの一部を発表、米国がテロ組織に指定する組織の幹部も閣僚入り »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の消耗戦に引きずり込まれかねない | トップページ | アフガニスタン暫定「内閣」の閣僚メンバーの一部を発表、米国がテロ組織に指定する組織の幹部も閣僚入り »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ