« アフガニスタン暫定「内閣」の閣僚メンバーの一部を発表、米国がテロ組織に指定する組織の幹部も閣僚入り | トップページ | 重症化リスクは回避できそう? »

2021.09.09

巨大経済圏構想「一帯一路」をめぐり「引き続き積極的に支持・参画したい」と述べたと発表

 
 中国外務省は2日、アフガニスタンの実権を握ったイスラム教スンニ派原理主義主義組織タリバンの
   ハナフィー幹部
が2日、中国共産党政府の
   呉江浩外務次官補
と電話会談し、中国主導の21世紀型植民地政策ともいえる巨大経済圏構想「一帯一路」をめぐり「引き続き積極的に支持・参画したい」と述べたと発表した。 
 
 同省の汪文斌副報道局長は3日の記者会見で「中国とアフガンの一帯一路共同建設は両国民に確かな支えをもたらす」と賛意を示した。
 
 一方、「アフガン情勢の平穏な移行、持続的な平和と安定の実現を望む。これはアフガンが次の段階で展開する対外協力の前提であり、各国企業の投資を呼び込む基礎だ」と留保を付けた。
 
 アフガンはガニ政権下の2016年、中国と「一帯一路」の共同建設に関する覚書を交わしたが、テロの危険性などから実際の事業は進んでいない。
 王毅外相はこれまで、中国とパキスタンを結ぶ「中パ経済回廊」のインフラ開発事業をアフガンに接続する構想を表明しており、インドや中央アジアを取り囲み、イランやトルコ、中東などを介してアフリカや欧州まで攻略したジンギスハーンの巨大帝国の再現ともいえる軍事戦略的意味があるのだろう。
 
 ただし、漢民族ではなく蒙古族の領土範囲の話だ。
 

     

« アフガニスタン暫定「内閣」の閣僚メンバーの一部を発表、米国がテロ組織に指定する組織の幹部も閣僚入り | トップページ | 重症化リスクは回避できそう? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アフガニスタン暫定「内閣」の閣僚メンバーの一部を発表、米国がテロ組織に指定する組織の幹部も閣僚入り | トップページ | 重症化リスクは回避できそう? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ