« リスクとメリットを天秤にかける必要もある | トップページ | 独自の思想体系の確立を始めた »

2021.10.29

核兵器の搭載が可能なミサイルを北朝鮮が保有すれば有事には先制攻撃を実行すべきだ

 
 韓国青瓦台(大統領府)の
   徐薫(ソ・フン)国家安保室長
は26日、国会運営委員会による国政監査で、保守系最大野党「国民の力」所属で元北朝鮮駐英公使の太永浩(テ・ヨンホ)議員の質問に対し、北朝鮮の
   新型短距離弾道ミサイル
に核弾頭を搭載することが可能であるかについて、「北は核弾頭の小型化と軽量化を推進している」と指摘するも、「短距離ミサイルに搭載することができるかについては、断定的に話すのは難しい」と答弁した。
 また、国防部が搭載可能との見方を9月に示したことに関連しては、さらに見極めていく必要があるとし親北朝鮮政策を最優先する文政権の閣僚として、食糧援助などの支援を行うための阻害要因となる判断をすることは避けたようだ。
 徐氏は「現在、北が開発中の短距離ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などに対し、韓国軍は十分に対応する能力を備えている」と強調した。 
 
  
ひとこと
 
 ポンコツ兵器を並べたうえ、最新鋭と主張する韓国の意識も背景にある発言であるが、傲慢な姿勢は変わらないため、竹島や公娼制度における従軍慰安婦、徴用工などの故意に作り上げたタカリのための問題を繰り返す韓国政府には対応する時間と経費を無駄と考えたうえ、貿易関係の遮断や竹島上陸の有無の確認、渡航の禁止なども含め、強い対応が日本政府は実施する必要がある。
    
   

« リスクとメリットを天秤にかける必要もある | トップページ | 独自の思想体系の確立を始めた »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リスクとメリットを天秤にかける必要もある | トップページ | 独自の思想体系の確立を始めた »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ