« バイデン米大統領の経済優先施策を盛り込んだ税制・支出法案が下院を通過 | トップページ | 当座預金に0.1%の特別付利を行う制度の対象金額の上限を見直すと発表 »

2021.11.21

多くのねじれ

   
 英国の総合雑誌「エコノミスト」は
   中国の金融システム
に差し迫っている危機は恒大だけではないと警告して、より多くの債務が返済期限を迎えることで、関連の衝撃がさらに大きくなると続けた。
 
 野村証券の統計によると、2022年の第2四半期に中国不動産業界は200億ドル(約2兆2894億円)もの債権を返済しなければならず、この金額は今季の2倍の規模に相当する。
 これと同時に、中国商業銀行のシステムにおいては20%の銀行に、民間企業又は企業の大物との緊密な関係があることから、「縁故資本主義」のリスクが高まっていると警告したうえ、これは2019年の内モンゴル自治区の包商(バオシャン)銀行の破綻と同じだとしている。
 
 それを誘発したのは、信用貸し付けの優遇を得るため、民間企業と企業家が銀行の株を購入したことと指摘した。
 このエコノミストの記事からは、習近平にとっては国による管理の強化は不動産と銀行のリスクを処理するための答えなのかもしれないが、市場により多くのねじれももたらすと注意を喚起させるものだ。
    

« バイデン米大統領の経済優先施策を盛り込んだ税制・支出法案が下院を通過 | トップページ | 当座預金に0.1%の特別付利を行う制度の対象金額の上限を見直すと発表 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バイデン米大統領の経済優先施策を盛り込んだ税制・支出法案が下院を通過 | トップページ | 当座預金に0.1%の特別付利を行う制度の対象金額の上限を見直すと発表 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ