« 中国の野望に特段の警戒が必要 | トップページ | 英国の雇用環境が改善 »

2021.11.18

原油主要消費地でもある米国で石油生産が回復

  
 国際エネルギー機関(IEA)は16日、米国などで
   石油生産が回復
していることから、世界の石油市場で逼迫感が和らぎ始めているとの見方を示した。
 
 IEAの最新月報によれば、需要の伸びは引き続き堅調だが、供給が追い付きつつある。
 
 これは10月に見られた石油在庫の変動は「流れが変わりつつある可能性」を示唆している。
 原油市場での需給逼迫を受け、石油価格は7年ぶりの高値となっていた。
 IEAは「世界の石油市場はあらゆる面で引き続きタイトだが、値上がりから逃れられる兆しが見えているかもしれない」と指摘した。
 また、「石油価格上昇と並行して、米国での生産が増えている」とコメントした。
 IEAは10-12月(第4四半期)の米生産予測を
   日量30万バレル、
とし、来年については同20万バレル引き上げた。
 なお、今年および来年の世界需給に関する全体的な見通しはほとんど変わらず。
  

« 中国の野望に特段の警戒が必要 | トップページ | 英国の雇用環境が改善 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の野望に特段の警戒が必要 | トップページ | 英国の雇用環境が改善 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ