« 日本国民の奴隷化目的の世論誘導は止めるべき | トップページ | 原油主要消費地でもある米国で石油生産が回復 »

2021.11.17

中国の野望に特段の警戒が必要

 
 中国のニュースサイトの中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球網」は、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長が12日、米デューク大学での講演で、「中国は米国の最大の軍事的脅威」との認識を示したと伝えた。
 ミリー氏は、中国がどれほど大きな脅威であり、米国がそれを変えるために何をしているのかについて、「米国は依然として最高の軍隊を持っている」と批判した。
 一方で、「米軍が自分たちの戦い方や戦いにおける原則、研究開発取得を根本的に変えなければ、はるかに速い道を歩まなければ、われわれはその主導的な立場を失うだろう。それが起こった場合、非常に危険だ」と続けた。
 日本の自動車産業などが進出し生産設備の増強化や生産管理の向上を通して、間接的に軍事生産分野における火器弾薬類増強を支援し兵站線の維持強化が可能となった中国軍については、「徹底的に改革され、米海軍に挑戦するためにブルーウオーター・ネイビー(外洋海軍)を開発している」と警戒し、砂漠地帯に建設中の大陸間弾道ミサイル発射サイロやミサイルと核能力の進歩にも触れ、「米国は中国に注目しなければならない」と続けた。
 環球網では、こうしたミリー氏の発言を取り上げた上で、中国外交部の
   汪文斌(ワン・ウェンビン)報道官
の以前のコメントを引用し、中国は米国に対し、各国が正当に国防能力を発展させる権利を尊重し、いわゆる
   「中国脅威論」の喧伝
を通じて自国の軍事力をほしいままに拡充するようなやり口をやめるよう促すと勝手な主張を行った。
 
 

« 日本国民の奴隷化目的の世論誘導は止めるべき | トップページ | 原油主要消費地でもある米国で石油生産が回復 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本国民の奴隷化目的の世論誘導は止めるべき | トップページ | 原油主要消費地でもある米国で石油生産が回復 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ