« 最新火力発電設備を提供するドイツの思惑 | トップページ | 米国資本の動きが活発化 »

2021.11.19

韓国警察長官が日本領土の竹島に密入国

 
 韓国のキム・チャンニョン警察庁長の不法に韓国軍が占領し続けている竹島への訪問に対して日本が韓国政府に抗議した。
 
 韓国警察庁は公式の立場は表明していないものの、「竹島に勤務する警察官を激励するための内部の非公式行事だった」との立場を主張しており、日本政府は抗議するでけではなく、不法に潜入した密入国者として逮捕状を請求した上、指名手配すべきだろう。
 18日の本紙の取材を総合すると、キム庁長は16日午前にヘリで竹島に密入国し、現場の警察官たちと面談した。
 島嶼僻地に勤務する警察官を激励するなど不法占拠を正当化する活動を行った。
 日本領土の竹島への密入国と鬱陵島(ウルルンド)を訪問するという日程だった。
 
 韓国警察庁はこうした違法な行動日程を調整する過程で、外交部実務ラインのみと内容を共有したということを明らかにした。
 
 警察庁の勤務者を激励するための内部の非公式行事と判断した韓国警察庁は、外交部や大統領府などの関係省庁との事前調整なしに日程を進めた体裁で逃げようとしている。
 
 韓国警察の関係者は、「島嶼僻地で苦労している警察官を慰問、激励しに行ったもの。
 庁長は5月に可居島を訪問するなど、島嶼部を訪問してきた」と語り、日本領土の竹島への密入国を事前に準備していた周到的な計画姓を伺わせる行為だ。
 韓国警察は、今年初めにすべての竹島警備隊員が一般の警察官に入れ替え、実効支配を強化したことから、庁長の訪問を強行して行政面での取り扱いを強める動きだ。
 
 竹島の警備は主に戦闘警察や義務警察などという名称の軍の人員が担ってきたが、今年3月の義務警察制廃止に伴い、今年から20人あまりの隊員全員が一般の警察官に変更したことも背景の胡散臭さに経警戒が必要だ。
 警察庁長が竹島を訪問するのは、2009年のカン・ヒラク警察庁長(当時)以来12年ぶりで次期韓国の大統領選挙を睨んだ動きのひとつでもある。
 
 先月21日の76周年「警察の日」には、イ・ヨンサン慶尚北道警察庁長も竹島に密入国し竹島警備隊を激励する厚顔さだ。
 キム庁長の竹島訪問の当日に日本政府が遺憾の意を表明し、17日(現地時間)午後にワシントンの米国務省で開かれる予定だった韓米日3カ国の外務次官による共同記者会見が突如中止となった。
 
 
ひとこと
 
 日本政府は単なる抗議ではなく、島根県警や入国管理局などは日本の領土への密入国者として逮捕状を請求すべきであり、国政刑事警察にも指名手配すべき事案だ。
 
 そもそも、日本領土の竹島に上陸した者は密入国者として扱い、日本国内への入国時に逮捕するか、入国を拒否する措置を徹底すべきだ。
 
   

  

« 最新火力発電設備を提供するドイツの思惑 | トップページ | 米国資本の動きが活発化 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最新火力発電設備を提供するドイツの思惑 | トップページ | 米国資本の動きが活発化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ