« 当座預金に0.1%の特別付利を行う制度の対象金額の上限を見直すと発表 | トップページ | ロシア軍がウクライナに電撃作戦を実行するとの懸念 »

2021.11.22

中国の最高指導層の傲慢で倫理観の乏しい姿を露呈するきっかけを潰す目論見の報道遮断に注目


  

 中国で21日、NHK海外放送のニュース番組が中国の元副首相との関係を告白したテニス選手、彭帥さんをめぐる内外の動向を伝えた際、放送が遮断された。
 中国共産党政府当局は、このニュースをそのまま流せば、習近平などを始めとした最高指導層の傲慢で倫理観の乏しい姿を露呈するきっかけにもなり、今回の問題の根底にある真実を明らかにすれば、ゴロツキ集団として勝手気ままな行為が繰り広げられている状況を見せつけるもので、共産党政府の本質が世論に晒されることで、これまで闇から闇に防霧ってきた所業が無駄になり、忠誠心が大きく損なわれることを懸念する事態に発展しかねないため、公安部門の圧力などを意識したメディアが忖度して、報道を突然遮断したともいえる。
 
 中国共産党幹部のイメージに関わる問題に発展しているため神経質になっている。
 なお、ニュースでは、ツイッターに投稿された、彭さんが21日に参加したとするテニスイベントの動画を紹介したうえ。
 米政府や国連の機関が彭さんの安否や所在を明らかにするよう求めていることなどを伝えた。
 
 ただ、中国メディアからツイッターに投稿された、彭さん渡渉する人物が21日に参加したとするテニス指導者との会食や自宅でくつろぐ姿の映像は日付を意図的に強調したものであり、違和感が強い。
 中国メディアの職員の多くが中国の公安部門の支配下にあり、海外に出向いている者は多くが情報部門の工作員とも言われている。
 
 日本の外相や政治家が中国メディアの工作員の接触を受け、ハニートラップなどで発言が左右されている状況も問題だろう。
 また、中国のみならず韓国の韓流工作で影響下にある公共放送やメディアの報道姿勢も報道の自由を侵すものであり、工作で日本人の意識誘導を目論む政治的意図があるリスクが埋め込まれている状況が広がっており徹底して検証すべきだろう。
 
 

   
 

« 当座預金に0.1%の特別付利を行う制度の対象金額の上限を見直すと発表 | トップページ | ロシア軍がウクライナに電撃作戦を実行するとの懸念 »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当座預金に0.1%の特別付利を行う制度の対象金額の上限を見直すと発表 | トップページ | ロシア軍がウクライナに電撃作戦を実行するとの懸念 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ