« 敗北責任のある将兵の合祀は止めるべき | トップページ | 中国リスクが大きくなっている »

2021.12.09

米国の長距離識別レーダー(LRDR)」の設置が完了

  
 米国防総省は6日、アラスカ州で本土防衛ミサイルシステム用
   「長距離識別レーダー(LRDR)」
の設置が完了し、試験運用を始めると明らかにした。

 同省ミサイル防衛局の
   ジョン・ヒル副局長
は、「LRDR設置が完了し、本格運用に向けた試験に入れるようになった。このシステムにより、北方軍の弾道ミサイルと超音速ミサイルに対する本土防衛能力が高まる」と述べた。
 主契約企業はロッキード・マーティンで大陸間弾道ミサイルのほか、超音速兵器など次世代の脅威にも対応できるという。
 同省では2015年、同州中部のクリア宇宙軍基地に長距離レーダーを設置し、イランや北朝鮮などが発射するミサイルの探知のほか、アラスカ州とカリフォルニア州の地上防衛能力を向上させる計画を打ち出した。
   
     

« 敗北責任のある将兵の合祀は止めるべき | トップページ | 中国リスクが大きくなっている »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 敗北責任のある将兵の合祀は止めるべき | トップページ | 中国リスクが大きくなっている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ