« オミクロンに対する中和抗体は、デルタ株と比べて約30分の1に低下 | トップページ | 米国で不適切な協調取引で利益を得た疑いや違法行為の有無を探る動き »

2021.12.15

新変異株オミクロンのリスクを意識せずにS&P500種は10日に最高値を更新

  
 米金融当局の債券購入縮小(テーパリング)や新型コロナウイルスの
   新変異株オミクロン
のリスクにもかかわらず、S&P500種は10日に最高値を更新した。

 しかし、来年の相場上昇期待は控えめで、ドイツ銀行のファンドマネジャー調査によれば、平均で4.2%の上昇しか見込まれていない。
 ゴールドマンのストラテジスト
   ピーター・オッペンハイマー氏
らは顧客向けリポートで現水準は弱気相場が差し迫っていることを示唆しないものの、調整のリスクは高く、成長または金利を巡る失望に対する脆弱性が高まっていることを意味する」と分析した。

 現水準は向こう12カ月で1桁台前半のリターンと最大で5-10%の下落が示唆されると続けた。
 
 また、ゴールドマンとモルガン・スタンレーはともに、22年は銘柄選択がより重要になると指摘している。
 

« オミクロンに対する中和抗体は、デルタ株と比べて約30分の1に低下 | トップページ | 米国で不適切な協調取引で利益を得た疑いや違法行為の有無を探る動き »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オミクロンに対する中和抗体は、デルタ株と比べて約30分の1に低下 | トップページ | 米国で不適切な協調取引で利益を得た疑いや違法行為の有無を探る動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ