« 東京都23区に大雪警報を発表 | トップページ | 中国の軍事侵攻に警戒すべき »

2022.01.08

カーボンネットゼロに向けた世界の取り組みはインフレを加速させ、誰の懐に金が流れ込むかに注目すべき

  
 ゴールドマン・サックス・グループのアナリスト
   ジャン・ハッチウス氏
らは、温室効果ガスの排出量を吸収量と均衡させるカーボンネットゼロに向けた世界の取り組みはインフレ率を大きく押し上げる公算が大きいと指摘。
 
 炭素税が2030年までにトン当たり100ドルに上昇するとの推定に基づき米国と中国、ドイツ、カナダの物価上昇率を試算した。
 
 米国の総合インフレ率は最初の3年で年0.25ポイント、中国は0.3ポイント押し上げられるとの推計を示した。
 
 なお、既に炭素税を導入しているカナダとドイツへの影響は、より小さいと見込まれている。
 昨年は商品相場上昇とサプライチェーンの目詰まり、世界的需要拡大がインフレ率を押し上げ中央銀行の姿勢を引き締めへと向かわせたが、ゴールドマンのリポートは脱炭素化の取り組みも金融当局が物価上昇を警戒すべき要因であることを示している。
 
   

« 東京都23区に大雪警報を発表 | トップページ | 中国の軍事侵攻に警戒すべき »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都23区に大雪警報を発表 | トップページ | 中国の軍事侵攻に警戒すべき »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ