« ブリッジウォーター・アソシエーツ 年間運用成績はプラス8.14% | トップページ | 3つの実験装置を軌道に乗せることができなかった »

2022.01.04

両面作戦ができるかどうかの踏み絵に日本が置かれかねない立場を意識すれば、防衛力の増強は急務だ

  
 ロシアのプーチン政権によるウクライナへの軍事侵攻の脅威が高まっているという指摘が出ている。
 ホワイトハウスによるとバイデン氏は米東部時間2日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談し、ウクライナ領土保全に対する意志を再確認する予定だと明らかにした。
 バイデン氏は昨年12月30日、プーチンロシア大統領に「ロシアがウクライナに侵攻すれば過酷に制裁する」と警告した。
    
 
ひとこと
 
 米軍が軍事的対応で解決できるかどうかは未知数だ。
 中露両面の軍事行動は兵站線が確保できないため、日米安保かNATO軍への支援重視かの選択になった場合のリスク対応が日本はすべき段階にある。
 元々は日米安保は日本の自衛権への足かせであり、日本の再軍備を抑制するための米国の政治的なものでしかない。
 そのため、あらゆる軍事的な動きを抑制するためにバカ高い戦闘機などを買わせ、にほんが自主開発する余力を奪い続けてきたのも周知のことだ。
  
    

« ブリッジウォーター・アソシエーツ 年間運用成績はプラス8.14% | トップページ | 3つの実験装置を軌道に乗せることができなかった »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブリッジウォーター・アソシエーツ 年間運用成績はプラス8.14% | トップページ | 3つの実験装置を軌道に乗せることができなかった »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ