« フランスで46カ所の突然変異を持つ新しい新型コロナウイルスの変異株 | トップページ | 軍事戦略としての情報収集する活動が活発化 »

2022.01.05

オミクロン株の重症化や入院のリスクを下げる効果があることが研究で明らか?

 

 世界保健機関(WHO)の関係者は1月4日、中国の中国医薬集団(シノファーム)や科興控股生物化学(シノバック・バイオテック)などの新型コロナウイルスワクチンは、オミクロン株の重症化や入院のリスクを下げる効果があることが研究で明らかとなっており、ワクチンの重症化や入院を防ぐ効果は維持されていると出資者でもある中国の意に沿うよう媚びを売る姿勢が強くみられた。

 また、南アフリカでは新規感染者が激増した後、急速に減少し、その入院率や死亡率も低くなっているが、ハイリスクグループやワクチン未接種者は依然として、オミクロン株に感染して重症化する可能性があると指摘した。

 
   

« フランスで46カ所の突然変異を持つ新しい新型コロナウイルスの変異株 | トップページ | 軍事戦略としての情報収集する活動が活発化 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フランスで46カ所の突然変異を持つ新しい新型コロナウイルスの変異株 | トップページ | 軍事戦略としての情報収集する活動が活発化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ