« コロナのパンデミック様相が今年中に収束してエンデミックになると予想 | トップページ | 良い話は聞かなければ意味がない »

2022.01.10

連携は名目でしかない現状をいつまでも放置すべきではない

 
 日本の林芳正外相は米国のトニー・ブリンケン国務長官と6日午前8時10分(韓国時間)から35分間の電話会談を行ったと米日両国が発表した。

 この電話会談は、北朝鮮が極超音速ミサイルの試験発射を5日に実施したと発表してから2時間後に行われたことになる。
 
 ただ、米日両国のどちらの発表文も文大統領が率いる左翼政権である「韓国」には一言も触れていなかった。
 
 米国務省は「ブリンケン長官が北朝鮮の弾道ミサイル発射を糾弾し、日本に対する米国の防衛公約は鉄壁だと強調した」と発表した。
 また「両外相は韓半島の完全な非核化と恒久的な平和を成就するための協力について話し合った」と説明した。

 電話会談で米国の韓国に対する防衛公約や日米韓の三か国協力が話し合われたかについては、発表文には盛り込まれなかった。
 
 なお、北朝鮮のミサイル発射に関して国務省のプライス報道官が同日発表した文書には「韓国と日本の防衛に対するわれわれの公約は鉄壁だ」との表現があった。
 

 米国務省の発表によると、ブリンケン長官と林外相は「ウクライナの独立、主権、領土保全に対する揺るぎない支持を強調し、ロシアのさらなる軍事行動やその他の攻撃的な行動などを抑止するための努力について話し合った」という。 
 
 また、米日同盟の現代化、戦略的目標への協調、協力強化に対する意志を強調した。新型コロナウイルス対策や回復に対する共通の意思も確認した。
 日本の外務省の発表では、両外相は日米同盟の強化および
   『自由で開かれたインド太平洋』
の実現に向けて連携していくことを再確認した」と発表した。
 
 外務省によると、両外相は
   在日米軍のコロナ対応問題 など
について話し合った後、地域情勢に関する意見交換を行ったという。
 
 防衛網の破壊可能な核兵器や長距離あるいは高速飛行のミサイルを開発し続けている北朝鮮問題について、林外相は「昨日のミサイル発射を含め、北朝鮮による核・ミサイル活動は日本、地域、国際社会の平和と安定を脅かすものだ」と話しただけで、実際、米国の核の傘に穴が空いている現実を見ていないようだ。

 さらに日本の外務省は「両外相は、国連安保理決議に沿って、北朝鮮の完全な非核化を実現できるよう引き続き日米が緊密に連携していくことで一致した」と発表しただけでいつまで敗戦国として米国の尻を追いかけ、自主防衛力の確保が出来ていないまま放置するのか疑問だ。
 
 ブリンケン長官は北朝鮮よりも欧州諸国への影響が強いウクライナとロシア間の最近の情勢を説明するのが主目的とも言えるもので、現在の状況を踏まえて引き続き協力していくことを確認したという。
 バイデン政権発足後、バイデン大統領とブリンケン国務長官をはじめとする米国の主な高官たちは、中国の支配下に組み込まれ朝鮮半島の赤化統一を目論む韓国文政権の暴走を止める事もできないなか、ほぼ例外なく韓国より先に日本と電話会談や対面協議を行っているが、敗戦後の軍産複合体制への権益網を維持し続けるのが目的という見方もある。

 バイデン大統領が指名した「ユダヤ・ロビー」の1人として活動してきた元シカゴ市長でもある
   ラーム・エマニュエル新駐日米国大使
が上院での承認を経て近く赴任する予定。
 これに対し、駐韓米国大使は依然として指名すらされていない。

 日本が中国・ロシア・北朝鮮など世界と地域のほぼ全ての問題で、米国の確実なパートナーとしての地位を固めたというよりも、韓国を中国に引き渡す動きになるかどうか注目すべきだろう。
 
  
   

« コロナのパンデミック様相が今年中に収束してエンデミックになると予想 | トップページ | 良い話は聞かなければ意味がない »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナのパンデミック様相が今年中に収束してエンデミックになると予想 | トップページ | 良い話は聞かなければ意味がない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ