出来事

2016.02.15

中国空軍の戦力は世界3位?

 

 国際航空誌「フライト・インターナショナル」は昨年末、世界各国の空軍ランキングを発表した。

 中国は米国、ロシアに次ぐ3位にランクインした。

 軍用機保有台数で米国は1万3717機。ロシアは3547機、中国は2942機だった。

 なお、4位以下の順位は、インド(2090機、4%)、日本(1600機、3%)、韓国(1430機、3%)、フランス(1280機、2%)、エジプト(1130機、2%)、トルコ(1000機)、北朝鮮(950機)だった。

 

 ロシア通信社スプートニクは12日、中国空軍の戦力強化に伴い、米軍による西太平洋支配が揺らいでいると報じた。

 

 16年には中華イージスと呼ばれる
   052D型ミサイル駆逐艦
が複数就役することが予定されている。

 

また、新たな空母建造が公開されたほか、ロシアからSu-35戦闘機を24機購入する契約もまとまった。

 
 
 
 
 

ひとこと

 国民党軍のドイツの軍事顧問であったファルケンハウゼンに鍛えられた中国国民党軍と日本の上海軍の戦闘を見れば圧倒的に優位な軍装で数に勝ったとしても敗退するのが中国軍であり、本質は変わらないだろう。

 

 なお、太平洋戦争における上海戦などで国民革命軍は
   堅壁清野
とよばれる焦土作戦を徹底し、中国軍が退却する前には掠奪を行うことが常となっていたため、中国住民の財産の掠奪と住居等に対する破壊が行われ、中国政府はこうした兵站線の確保における無理強いでもある「徴発」に反抗する者を「漢奸」として処刑の対象としていた。

なお、1938年12月12日、国民党軍の唐生智は全軍に「各隊各個に包囲を突破して、目的地に集結せよ」と指令しただけで、我先にと無秩序な状況で南京城を逃げ出した。

 

 ただ、捨て石とする兵は逃げられないようにトーチカの床に鎖で足を縛りつけ、長江への逃げ道になる南京城の邑江門には、大挙する国民党軍を死ぬまで戦わせるように督戦隊を置いていった。

 

 唐生智は明確な撤退命令を自軍に出さなかったため、その後も散発的に戦闘が続いたが翌日には抵抗がなくなり南京城は陥落した。

 日本軍が南京城内へ入城し、城内の敗残兵掃蕩を開始した。

 

 国民党軍による「徴発」「徴用」など掠奪行為などを避けるために郊外に避難していた南京の避難民の多くが日本軍が治安を回復するなかで南京市内に戻ることが出来た。

 

 ただ、治安が回復するなかでも敗残兵や更衣兵などによる略奪行為や放火・破壊行為が行われれていたため、自警団的な取り締まりが中国人により行われたともいわれる。
  

 
 
 

    

2016.02.03

清原和博を覚せい剤取締法違反(所持)の疑い逮捕

 

 警視庁は2日午後8時48分ごろ、、東京都港区東麻布の自宅マンションで
   覚せい剤取締法違反(所持)の疑い
で、覚せい剤約0・1グラムを所持していたとして元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)を現行犯逮捕、同日、自宅を家宅捜索した。

 警視庁の発表では、清原容疑者は「覚せい剤は私のものに間違いありません」と容疑を認めているという。

 

 清原容疑者はドラフト1位で西武に入団した1986年に新人王を獲得している。

 

 96年に巨人に移籍し、2004年に通算2千安打を達成した。
 06年にオリックスに移籍し、08年に現役引退した。

 

 

 

2016.01.15

太平洋の海面水温低下してきた。

 

 世界的な異常気象の原因とされる
   エルニーニョ現象
の要因にもなっている太平洋の海面水温が下がり始めている。

 
 

 米国気象予報センター(CPC)は6月までにはエルニーニョ現象が完全に終息する可能性があると、述べた。      

 ただ、海面水温は低下しているものの太平洋の海面水温に対する大気の反応が依然として極めて強いため、エルニーニョが既に弱まりつつあるかどうかを判断するには時期尚早とのこと。

 

 

 

  

2016.01.04

サウジとイランが国交断絶

 

 サウジのジュベイル外相は3日遅くにリヤドで、イランの駐サウジ大使に48時間以内の出国を要求したことを明らかにした。

 両国は、メッカ巡礼中のイラン人の死亡をきっかけに大使館が襲撃され、外交関係を凍結した1980年代後半以来で最悪の危機に陥っている。


 

  

サウジとイランが国交断絶

 サウジのジュベイル外相は3日遅くにリヤドで、イランの駐サウジ大使に48時間以内の出国を要求したことを明らかにした。

 

 両国は、メッカ巡礼中のイラン人の死亡をきっかけに大使館が襲撃され、外交関係を凍結した1980年代後半以来で最悪の危機に陥っている。


 

  

2015.12.29

シェール業界にとって、原油価格のさらなる下落は壊滅的な打撃

 

 サウジが主導した昨年12月のOPEC総会で原油生産が増加し市場に流れ込んだ影響を受け価格が下落し、原油価格が今年1バレル=50ドル近辺だった時期に米国のシェール層地帯に点在していた水圧破砕関連設備の一部が姿を消した。

 原油の50%の値下がりで経費がまかなえなくなった、シェール業界は作業員数千人を解雇した。

 このほか、大規模油井にのみ重点を置いて掘削リグを稼働させ、経費の節約から各油井からの原油生産を最大限に増やすため最新技術を採用した。

 

 これらの取り組みが功を奏し米国の原油生産は今月時点で43年ぶりの高水準まで4%以内にとどまっている。

 

 ただ、問題として残ったのが原油価格が50ドル近辺ではなく、35ドル近辺で取引が推移するようになっているということだ。

 

 いろいろな策を講じたことで既に限界までコストを切り詰めていたシェール業界にとって、原油価格のさらなる下落は壊滅的な打撃となっている。

 
 
 
 
     

2015.12.07

サンタクロース列車

 

 フィンランド国内の夜行列車は
   サンタクロースエクスプレス
という愛称で呼ばれているが、日本でも間もなく訪れるクリスマスに向けて、毎年、千葉県市原市を走る小湊鐵道がクリスマスの時期に合わせて、イルミネーションを装飾した
   「サンタクロース列車」
を運行し、飾り付けなどに協力をした市原市や沿線のボランティア団体がこの時期に行っている。

 

 数千個のクリスマスイルミネーション を配した車内で8人のサンタクロースが乗客に向かって微笑ながら「メリークリスマス」と声をかけながらキャンディやお菓子をプレゼントし、どっぷりとクリ スマスムードを演出するとのこと。 

 
 
 

   

 
  

2015.12.04

スターウォーズ列車

  

 南海電鉄の特急ラピート「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」号が11月21日から営業運転を開始している。

 この列車は映画『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』(12月18日公開)とタイアップした特別仕様の列車として、期間限定で運転されることになった。

 

 50000系1編成を使用し、黒を基調とした「スターフィールド」で車両全体を覆い、ヒロインのレイをはじめ、C-3PO、R2-D2、チューバッカ、ストームトルーパーなどのキャラクターを各車両に配置した。

 

 車内もデッキを中心に、作品に登場するキャラクターの装飾が施された。 

 
  

   

 
 

 
 
    

2015.11.26

OPECに石油純輸入国のインドネシアが加盟?

 

 米国シティグループのエネルギー戦略責任者
   セス・クラインマン氏
はメディアの取材でOPECに石油純輸入国のインドネシアを加盟させれば、OPECが脇に追いやられる周縁化を強調するようなものだと指摘した。

 

 また、インドネシアは供給を「削減するつもりはない」と続けた。

 
 

  

2015.10.29

17億ドルの商品バイアウト投資会社をバークレイズのバンカーらが創設

 

 英国銀行大手のバークレイズで天然資源セクターのプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資に携わってきた幹部バンカー
   マーク・ブラウン氏
らが主導して同事業をバークレイズから取得し、資産規模17億ドル(約2050億円)の新たなバイアウト投資会社
   グローバル・ナチュラル・リソース・インベストメンツ(GNRI)
を立ち上げた。

 資産家兄弟のエディー・ザケイ、ソル・ザケイ両氏も出資している。

 28日の発表によれば、同社はバークレイズの天然資源投資を率いていたブラウン氏が最高経営責任者(CEO)に就任する。

 

ロンドンに本社を置くほか、カタールのドーハにもオフィスを設け、石油・ガスの他、銅など商品関連案件に焦点を絞るとしている。

 ただ、米国の石油・ガス探査セクター部門には関心がないという。
 GNRIは事業取得の金額は明らかにしていない。

 

 バークレイズはカタールの政府系ファンドとともにGNRIの投資家にとどまる。

 原油など商品価格の急落を受けて、天然資源セクターでの案件を模索するPE投資会社が相次いでいる。


 

 PE投資会社トップ4社のカーライル・グループ、アポロ・グローバル・マネジメント、ブラックストーン・グループ、KKRは過去18カ月間に商品関連の案件に向け少なくとも300億ドルを調達している。

 
 

 
   

より以前の記事一覧

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ